• 217月

    アナログレコードといえばスクラッチノイズとホコリに悩まされた日々を思い出す古い人類方も多いと思いますが、そういう時の強い味方(?)がレコードスプレーだったのもまた思い出されるかと。
    ナガオカのスタイラスクリーナーなんかも懐かしいですよね。

    そんなスタイラスクリーナーもそうですが、レコードスプレーもまだまだ売られていて、今回はaudio-technicaのレコードクリニカ、AT6086をゲットしてみました。

    audio-technica AT6086

    昔のやつほど、整髪料みたいな匂いは強くないですし、ややスプレー缶のサイズも小さい気がしますが、やっぱり結構効きますね。
    ゴミを飛ばす用途には普段、カメラ用のブロワーを使ってるんですが、静電気防止をしておかないとまたすぐにホコリが吸い寄せられてしまいます。
    水洗いや木工ボンドパックでいくらキレイになっても袋から出したりするたびにパチパチッと言ってましたが、それがずいぶん軽減されました。

    ちなみに乾式レコードクリーナーの代わりに、ダイソーで売ってるCD/DVD用のディスククリーナーを使っています。
    こっちに付いているクリーニング液も静電気防止効果こそあまりないものの、汚れは結構落ちてオススメです。
    盤面がかなり濡れるので、付属のクリーナーではなく、クリーニングクロスで拭いてから付属のを使うのがコツでしょうか。
    スタイラスクリーナーのほうも代用品で済ませていて、こちらもカメラ用のレンズクリーニング液とメイク用の馬の毛のブラシを使ってます。

    今回のAT6086、地元では当然のようになかなか売ってないんですが、ネット店舗でも取り扱いこそ多いものの、どうしても送料が掛かってしまいます。
    そんな中、ヨドバシ・ドット・コムだけは送料無料なんですよね。
    到着も早いですし、最近は小物を中心に良く利用しています。
    ポイント還元もありますし、アフィリエイトとかがない分、購入者に戻すという思想なのは嬉しいような、ブロガーとしては寂しいような感じもありますが、ともかく便利でありがたいです。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2014/07/21 12:00 pm | audio-technica AT6086 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.