2 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    真空管アンプでしたら、キットあるいは製品を購入時に、別に真空管を入手しておくと言うのも一つの手ですね。

    それにしても、20年位前は、真空管やLPプレーヤーの入手は今後不可能になると思ったのですが、それらは全く外れ、真空管は欧州製や米国製のものはともかく、中国製やロシア製の色々の種類のものが入るようになったのが驚きです。

    また、先日、読んだ話だと、LPの新譜が出るそうですし、真空管も秋葉原の「クラシックコンポ-ネンツ」と言う「ドンキホーテ」のそばの店に行くと、驚くほどの量と種類がありますし。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    真空管は予備をいくつか用意して、
    気に入るペアを探したりするのも楽しそうですね。

    真空管の入手性については、今は確かに中国やロシアから
    入っていますが、これも需要や利益の関係で、
    いつまで続くか、保証はありませんからねぇ。

    ある意味、このあたりはクラシックカメラと同じような
    世界観かもしれません。
    将来はフィルムあたりも同じような道のりを歩む
    ことになるかもしれませんねぇ。(^^;