• 226月

    ATOLLからUSB-DACやプリアンプ機能も備えたヘッドフォンアンプ「HD-100」がまもなく国内発売になるそうで。

    私自身、ATOLL DAC100を愛用していますが、これにPR100が合体したような感じでしょうか。
    スペックとしてはUSB-DACが24bit/96kHzまでとDAC100SEレベルになっていて、DACはPCM5102採用でDAC100のPCM1796とやや新しい感じにリニューアルでしょう。
    最近のモデルがどんどんDSDネイティブ対応を謳っている中では地味な感は否めませんが、スペックが全てではないですしね。

    なお、同軸と光は24bit/192kHzまでですが、入力数が豊富だったDAC100とは違い、それぞれ1系統ずつなのはプリアンプ機能を謳うにはやや残念かな。
    アナログ入力も2系統で、ボリュームこそアルプス製のリモコン対応のものですけど、どちらかと言えばDACにヘッドフォンアンプを付けたと考えるべきでしょう。
    本体サイズも幅が320mmとDAC100の寸法ですし。

    ヘッドフォンアンプ部は同社らしくディスクリート構成回路だとか。
    出力端子は前面に2つで、ヘッドフォンを挿すとライン出力は止まるようです。
    気になるお値段は11万円前後だそうで、なぜかリモコンは別売りだとか。
    ATOLLはプリメインやパワーアンプは評価が高いですが、DACやプリアンプはやや人気薄な印象がありますので、それを払拭する出来だと良いなと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2014/06/22 7:00 pm | ATOLL HD-100 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.