• 3110月

    C-280Lの動作確認用にXLRケーブルが必要だということで、急遽探した結果、Atlas Cablesの「Quadstar XLR」を入手しました。

    th_dsc_0597_lr6

    ちょっと前まで山水のXLRケーブルを借りていたんですけど、返却したタイミングだったんですよね。
    今回もアキュフェーズが良いかなと思いましたが、都合よく出物があるわけもなく、お値段もそれなりにお高いですから、新品も含め色々探した結果、コレをチョイスしました。
    AtlasのQuadstarは以前、RCAタイプのを入手したことがあるんですが、その時はハムノイズが出て返品したので、ちょっと躊躇したのですが、お値段がだいぶ下がっていましたし、現行のAtlas Cablesを輸入すると結構なお値段ですし。

    th_dsc_0610_lr6

    C-280Lといっしょに届いてくれたので、すぐにCDプレーヤーとプリアンプ間に使ってみましたが、今回は全く問題ありませんでした。
    音質面でもやや音像が散漫になるような気もしますが、逆の言い方をするならば音場に奥行き感があって、なかなか良好なものです。
    AccuphaseのRCAケーブルとの比較もしてみましたが、プリアンプ側の回路構成の影響もありますし一概には言えないものの、XLRのほうが音の質感は良さそうな気がします。

    th_dsc_0613_lr6

    プラグにはノイトリックが使われていて、作りはなかなか良いものですし、QuadstarはXLRのほうがケーブル構造上も合ってるのかもしれません。
    ただ、XLRケーブルについては近々、お借りしてレビューさせてもらえることになりましたので、そちらとの比較対象という感じで使うことになるかと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2016/10/31 12:00 pm | Atlas Cables Quadstar XLR はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.