• 0410月

    iriverから「Astell & Kern」というブランドネームでハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー「AK100」の登場予告が出ています。

    iriverのDAPはマウスコンピューターが取り扱うようになってから、比較的廉価なモデルが目立つようになっていましたが、裏ではこういうプランが動いていたんですね。
    AK100は24bit/192kHzまで対応なんだそうで、まだ詳しい情報はありませんが、おそらくFLACには対応していそうです。
    やや正方形に近いデザインと横に飛び出たボリューム!?っぽいものが気になりますが、詳細は近日公開だそうで、今のところはアルミボディとデュアルのmicroSDHCスロット搭載ということしか分かりません。

    出る出ると言われて結局出てこないTeclast T59に似た雰囲気もほんの少しありますが、スペック的にはそれ以上のものになりそうな予感です。
    ライバルはむしろHDP-R10やHM-901あたりなのかもしれませんが、UIはこれまでの実績があるiriverのほうが優位かもしれないという点でも興味があるところです。

    ちなみに「Astell&Kern」というのは全く初めて聞くブランド名です。
    ドメインはすでにiriverが押さえてるようですし、Facebookにそれらしいページができてはいますが、これからの新興ブランドになるようです。
    日本のオーディオメーカーもぜひ負けずに参入してほしいところですが、なかなか難しいのでしょうかねぇ。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2012/10/04 8:00 pm | Astell & Kern AK100 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.