• 025月

    Accuphaseが「セカンドユーザー登録」というのを5/8から開始するそうで。

    「セカンドユーザー登録」というのは、保証期間を終了したAccuphase製品を中古品として入手されたセカンドユーザーに、お客様情報を登録してもらう仕組み、とのこと。
    そもそも中古入手であっても関係なく修理やオーバーホールの依頼はできましたし、かなり古いモデルでもいまだに修理可能なことが多いなど、ユーザーにはありがたいサービスをしてくれるメーカーですが、さらに強化されるようですね。

    私もT-108から始まって、E-405(これは手放した)、C-270V、DP-75、P-450などは新品で購入したので、お客様カードを返送しましたが、住所変更してなかったり名義がバラバラ(父親が使ってるのに私、など)だったりするので、そういうのもこの仕組みを使っても良いのかな?
    何度か電話で変更してもらったことはありますが、正直どれがどうなってたか把握できてませんので…。
    登録自体はWebサイトに専用ページが用意されるようで、そのページ自体、5/8(10時開始らしい)にならないと公開されないようです。

    登録ユーザーの恩恵としては、故障修理後の保証期間が1年から2年に延長されます。
    古いモデルも多いのに、そこから2年も無償修理されるとはスゴいですね…。
    ただ、そうでなくても修理は混み合っているようですし、補修部品も数に限りがあるでしょうから、中古入手後、むやみに「一応、修理に出しとこう」みたいな流れにならなければ良いのですが…。

    メーカー側としては古いモデルをメーカー以外で修理されることで、危険を伴ったり、本来の性能ではない状態で聴かれることで「Accuphaseの音はこんなものか」と思われたくないという気持ちもあるのかな、と邪推してます。
    もちろん、セカンドユーザーを把握することで新製品を購入してくれそうな潜在ユーザーを把握できる、というメリットもあるでしょうし。

    ともあれ、開始されたらちょっと落ち着いた辺りで、私や父親、弟の手持ち機材を片っ端から「セカンドユーザー登録」しようかなと。
    ちなみに登録するであろう(3人分の)Accuphase製品はこんな感じです。(ケーブル類は除く)

    T-108
    C-200L
    C-200L
    C-222
    C-270V
    C-280L
    P-266
    P-450
    A-45
    DP-75
    DP-70V
    PS-500
    AC-2

    こうやってみるとAccuphase大好きみたいですが、実際にはそれほどでもないんですけどね。
    これまでいろんなオーディオ機器を使ってきた経験から、機材を選ぶ時の第一関門が「壊れにくいこと」になっていて、それでこうなっちゃうっていうところがありますねぇ。
    経年後の(価格的じゃなく音質的な)価値が下がりにくいというのもありますし、そもそも壊れるとその間は機材がなくて困りますし、娯楽で精神的なダメージを受けるという本末顛倒な状態になりがちですので…。
    そういう意味では国内他社も長期間サポートは追従していますし、このセカンドユーザー登録もやってくるところが出てきそうな気もします。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2017/05/02 12:00 pm | No Comments

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.

重要! スパム対策のため、下の計算の答えを書いてね。

2 たす 8 は?
Please leave these two fields as-is: