• 049月

    Accuphaseのパワーアンプ「A-45」を導入しました。

    th_DSC04390_LR6

    ちょうどP-450を借りていたタイミングでしたから、まだ当分、パワーアンプは様子見の予定だったのですが、良い出物を見つけてそれを注文しようということに急遽なったんです。
    しかしそのアンプは実はその時点でもう売り切れていて、え~い、それならばこっちにいってしまえ、と選んだ次第。

    th_DSC04391_LR6

    そのP-450は当初の有力候補でしたが、とにかく出物が少ないんです。
    そこで似ている構成で、しかもできればA級アンプが良いなぁと漠然とは考えていました。
    で、A-45は私の手持ちの機材の中ではグッと新しく、2006年発売のモデルです。
    6パラのMOS FET、A級で45W+45W(8Ω)という、我が家ではかなり抜きん出た機種となります。

    th_DSC04379_LR6

    こうやって2台並べるとホントにソックリで、どっちがどっちか分からないくらいです。
    重さもほぼ似たようなものですが、外箱に入っているとさらに重さが増して、2階まで持ち上げるのは想像以上に大変でした。

    th_DSC04375_LR6

    私にはオーバースペックなアンプのような気もしますが、奏でるサウンドはさすがの一言です。
    とにかく透明感と音像のシャープさ、緻密さがスゴイです。
    発熱もそれなりにありますが、外側に張り出したヒートシンクのおかげもあって、それほど激しくは熱くなりません。
    部屋はエアコン必須の感じですけどね。

    th_DSC04403_LR6

    それまでに導入してきた機材で思い描いてきた方向性をビシっと仕上げてくれる一台となりました。
    もちろん、共にメーカー整備済みとなったC-200LやDP-70Vの優秀さもそれに負けず劣らず頑張ってくれていますが、正直、パワーアンプでここまで底上げされるとは思ってもみませんでした。
    P-450も素晴らしいアンプだと思っていましたが、やはりA級、そしてより進化したアキュフェーズは期待以上のものです。
    30分以上のウォームアップが必要ですが、その後は次から次に楽曲から音が溢れ出てきます。

    th_DSC04398_LR6

    これで機材は以下のとおりとなり、以前のものがほぼ一新され、ここで一段落というところです。

    [ メインシステム ]
    Record Player: MICRO BL-99V + SAEC WE-407/23
    Cartrdges: DENON DL-103, ortofon MC-Q5 etc
    CDP: Accuphase DP-70V
    DAC: ATOLL DAC100
    Pre Amp: Accuphase C-200L
    Power Amp: Accuphase A-45
    Speaker: B&W Matrix 805

    今後はセッティングやケーブルなどを変えてみたり、音楽そのものを楽しんでいきたいと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2016/09/04 12:00 pm | Accuphase A-45 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.