• 166月

    例年、夏にはスピーカーユニットを付録に付けているStereo誌ですが、今年の8月号(7/19発売)にはどうやらアルミコーンの8cmフルレンジユニットが付録として付いてくるようです。

    サイズは2014年の付録「PW80」と全く同じだそうで、あれはツイーターとペアでしたから、今回のはフルレンジで良いの?という気もしますが、アルミを使うことで高域が伸びてるようではありますね。
    周波数特性で言うと、105Hz-32kHzとのことです。
    気になる本誌のお値段は3,900円(税込)だそうで、これまでとそんなに変わらないのかな?

    また、今回は初の試みとして、発売よりかなり前になる6/25にコイズミ無線さんで試聴会が実施されるんだとか。
    「もうさんざん付録ユニット買ったしなぁ」という方にも、ここで聴いてもらって売り込もうということでしょうか。
    以下の3種類の自作スピーカーで試聴ができるそうです。

    M800スタガードバスレフ(フォステクス製作)
    M800×2+PT20Kバーチカルツイン(浅生先生製作)
    名称未定(現在制作中の作品) (小澤先生製作)

    私自身はこうやって紹介しつつも、スピーカーユニットの付録号は1回しか買ったことがないんですけどね。
    それもまだ組み立て式の頃で、組み立てないまま、弟に無理やり渡してしまいましたし。
    どうしてもサイズに限界がありますから、作る楽しみはあってもその後、使いどころがあんまりないと感じてしまうんですよね。
    ずっとスーパーツイーターが付録になるのを期待してるんですが、一向に出てこないので、いっそのこと、DigiFiさんに期待したほうが良いのかもしれません。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2016/06/16 12:00 pm | 2016年のStereo 8月号付録 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.