• 209月

    気づかないうちにAccuphase C-200Lの木箱にちょっとした傷を付けてしまったようなので、それを目立たなくしようと水性ニスを入手してきました。

    写真を撮るのを忘れましたが、そんなに大量には要らないのでダイソーで「けやき」を選んできました。
    C-200Lはむしろウレタンニススプレーのほうが良いかなと思ったのですが、それだけでは勿体無いかなと、汎用性の高いものにしました。
    実際、家の中で塗りたいところがたくさんあって、実質的にはそちらがメインかなと思っていて、そのお試し的な意味合いもありましたし。

    その思いどおり、まずは階段の手すりやキッチンの木枠などに塗ってみましたが、思った以上に艶が出て良い感じです。(こちらも写真を撮ってませんが。)
    そこで調子に乗ってマイクロのレコードプレーヤー「BL-99V」にも塗ってみることに。
    開封したら使い切るように書かれていましたし、うちのBL-99V自体、マットな感じのニスがすでに塗られていたっぽかったですからね。

    th_dsc04073_lr6

    で、ニスを塗る前(届いた頃)の写真が上の感じで、塗った後が下の感じです。

    th_dsc04666_lr6

    わりと雑に塗った感じですが、そこそこキレイに見えますね。
    重ね塗りすると仕上がりがよいのと、ハケをちょっと良いものにすると良いようです。
    私は山羊毛のを使いましたが、水性ニスの場合は化学繊維のほうが向いているらしいです。

    塗った後、しばらくはちょっとベタベタしたような感触がありますが、艶を失った木材部分に塗るのは結構効果的な気がします。
    調子に乗ってドアとかにも塗ってみたい気がしますが、まずはしばらく塗った後の変化を様子見してみようかと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2016/09/20 12:00 pm | 水性ニスを塗る はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.