• 234月

    このところはGrace F-8C(針はF-8M)が定番化していたフォノカートリッジですが、fo.Qのターンテーブルシートを導入したり、フォノケーブルも交換したことですし、手持ちの他のもたまには使ってみようと交換してみることに。

    SUMIKO Pearl

    まずはSUMIKO Pearlを使ってみますが、以前より大人しくなったような印象です。
    以前使っていたGrace F-8Lに近い雰囲気で、帯域はややナローだが聴きやすい感じになりました。
    ただ逆にこれだとF-8Cから替える意味合いがやや薄いかなという気もします。

    ortofon 2M Red

    そこでもう少し大きな変化に期待して、ortofon 2M Redにしてみました。
    するとこちらも以前とは印象が大きく変化していて、ややピーキーでノイズばかりが目立ちやすく神経質だった昔のイメージとは違い、今回はワイドレンジさなど、現代的な良さのほうが際立つようになっています。
    元々、このカートリッジはトーンアームやセッティングとの相性に厳しいとは聞いていたので、そのあたりが改善されたのでしょう。

    ただ、シンバルなど高域の表情がやや硬いのはやっぱり多少以前の傾向が残っています。
    これで針を2M Blueのに交換したら、さらに違ってくるんだろうなぁと思いますが、そう贅沢は考えず、まずはこれでしばらくいろんなディスクを聴いてみようかと思います。
    飽きたらまだ他にもSHUREがありますし、コストを掛けるならMCカートリッジの再生環境を整えたいというのもありますからね。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2015/04/23 7:00 pm | フォノカートリッジを交換 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.