• 116月

    先日まで電源ケーブルを大幅に見直していましたが、音傾向もだいぶ変わり、目指す方向性もちょっと変わったというのもあって、インターコネクトケーブルも見直すことにしました。

    その中でもやはりキーポイントになりそうなのはプリ兼高域用パワーアンプとして使っているLINN MAJIK-ILとパワーアンプのLINN LK140の間の2本かなと。
    これまではLK140までをCHORD COMPANYのChameleon Silver Plus、戻り(LK140にOUT端子がある)に同じくCHORD COMPANYのCobra Plusが使ってありました。

    SONY DSC

    方向性としては、もう少し重い低音にして、高域側は伸びと音の広がりがある感じにしたいなと。
    そこで、楽器の定位と低域の沈み込みに着目しながら、何枚かのCDを聴きながらケーブルを交換していきました。

    ケーブルの候補は以下の5本です。

    Atlas Equator MKIII
    CHORD COMPANY Crimson Plus
    LINN Silver Interconnect
    QED Qunex 4S

    th_DSC00195_LR5-2

    まずはLINNどうしで…ということでLINN Silverから使ってみました。
    このケーブルが入ると変化がいちばん大きく、中域が独特で華やかがあり、響きがとても豊かになります。
    非常に魅力的なのですけど、一方でフラットな方向性ではないですし、LINNの黒箱の音色の上に、さらにLINNのクセが乗ってしまう印象で、ちょっと濃すぎるかなと。

    th_DSC00101_LR5

    CHORD COMPANY Crimson Plusも入れて、CHORDの中での入れ替えもやってみましたが、これはやはりCHORDの音色から離れることができません。
    高域の明瞭さがやや失われるような気がしますし、当然ながら変化の度合いも少ないです。

    197431603_org

    そこで私の中では定評のある、QED Qunex 4Sを持ってきました。
    このケーブルは実に真面目な音ですが、やや低域が薄い傾向があるのは知っていました。
    まさにそのままの印象でやや面白みには欠けますが、高域用にはコレが今欲してる音に近いだろうということで、採用決定です。

    Atlas Equator MKIII

    あとは必然的にAtlas Equator MKIIIということになります。
    実際にはもっと色々試したんですけどね。
    一番の決め手は高域の伸びが良いところでした。
    MAJIK-ILが元々、プリアンプではないのでPRE OUTが一つしかなく、いったんLK140に行ってからまた戻ってくる接続方法になるので、ここのケーブルの重要性がどうしても高くなるんですよね。
    フォノイコライザーの件も含めて、いずれはプリアンプの見直しが必要なのは間違いないのですけど、当面は仕方ありません。

    結果、現状のケーブル配置は以下のとおりとなりました。

    デジタルケーブル: Acoustic Revive COX-1.0tripleC-FM(Marantz-ATOLL), Space&Time RSC Master Generation 2 Digital(DDC-ATOLL)
    音声ケーブル: QED Reference Audio Evolution(ADP-EQ), QED Qunex SS(EQ-pre), Acoustic Revive LINE-1.0R-tripleC-FM(ATOLL), Atlas Equator MKIII(pre-LK140), QED Qunex 4S(LK140-MAJIK)
    スピーカーケーブル: Acoustic Revive SPC-REFERENCE-tripleC(高域側,低域側)
    電源ケーブル: WIREWORLD electra3(YTP-4N), BELDEN(Shelter), WIREWORLD aurora3(Marantz), Acoustic Revive POWER STANDARD-tripleC-FM(ATOLL), Acoustic Revive POWER STANDARD-tripleC-FM(MAJIK-IL),DH Labs Silversonic Encore AC(LK140)

    そんなこんなで、決まってみれば自分の中で評価の高いケーブルが残った感もあります。
    電源ケーブルの見直しも含めて、以前と比べるとかなり現代的な音色になりました。
    逆の見方をすると、システムからCHORD COMPANYのケーブルが消えた形です。
    あれだけ惚れ込んで導入していたわけですが、黒箱も含めてちょっとクセが強くなり過ぎていた、という反動でしょうね。
    機材が変わればまた違ってくるかと思いますが、これでケーブル見直しも一段落といったところです。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2016/06/11 12:00 pm | アンプ間ケーブルの見直し はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.