• 1912月

    先日買ったステレオマイクとマイクアンプで、早速、紗羅が弾くピアノの録音に
    チャレンジしてみました。

    録音機材は、オーディオテクニカのステレオマイク「AT9440」、マイクアンプの
    「AT-MA2」、それを紗羅のPCの内蔵サウンドカードにつないだ構成です。

    本来ならPowerMacとVH7PCに接続して録音したほうが音質は良いのですが、
    ピアノとパソコンの距離が比較的近いので、ファンの騒音が気になるかなぁと。

    据え置きのDAT「DTC-77ES」につなぐのも考えられるんですけど、やっぱりあとの
    編集を考えると、PC上でやったほうが楽ですしね。
    まぁ、音質改善は場数をこなして、慣れてきてから徐々にやろうかなぁと思ってます。

    あと、録音や編集に使ったソフトは「SoundEngine」というフリーソフトです。
    フリーといっても高機能で、各種のエフェクトやスペアナ表示など、使い勝手も
    良好で、以前から結構愛用しています。

    さて、この構成での録音ですが、思っていたよりはなかなか良い感じです。
    最初は暗雑音がかなり多かったんですが、マイクアンプのほうでゲインを稼ぐように
    設定してからはだいぶ改善しました。

    マイクセッティングのほうは、ピアノの中央より、譜面台の右側あたりのほうが
    音場感や低音のバランスなどが良い感じになるようです。

    とりあえず、6曲ほどテスト録音しましたが、後半は満足できる仕上がりになりました。
    これから年末にかけて、数回録音してみようと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2004/12/19 7:29 pm | ピアノ録音、やってみました はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.