• 135月

    AV Watchでマクセルが「オーディオカセットテープをフル生産中と告知」というのを見て、今さらどうして?と気になりました。

    調べてみると、これもカメラやHDDと同様、先日のタイの水害が原因だったんですね。
    ソニーとTDKは工場が水没したのをきっかけに12月で生産完了になったそうで、その分がマクセルにやって来たということのようです。
    私がカセットテープをたくさん使ってる頃はTDKは日田の三隈川工場、富士フイルムは小田原工場で作ってましたが、もうどこも国内では作ってないんでしょうねぇ。

    そもそも今の若い世代だとカセットテープを使ったことがないかも。
    そうでなくてもAXIAが富士フイルムだったとか、知らない人もいるんじゃないかな。
    カセットレーベルをもらいたいがために、ちょっと遠目のお店にカセットテープを買いに行ったりしてたなぁ。

    当時、TEACのC-4X、その後はNakamichiの582Z、そしてDRAGONを愛用していました。
    今でもDRAGONは父親がたまに使っているようですが、カセットテープを新たに買うような使い方ではないですねぇ。
    そもそも需要うんぬん以前に、メタルテープはすでに売ってないですし。

    でも、足りない、というくらいですから、どこかに需要があるということですよね。
    少し前はカラオケの練習用に短めのテープの需要があるというのを聞いたことがありますが、それも限定的でしょうしねぇ。
    たるんだテープを鉛筆で巻き戻したりする、あの感覚をまた楽しんでみたい気もしますが、そうでなくても足りないようなので、供給の回復を願っておこうと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2012/05/13 12:00 pm | カセットテープが足りないらしい はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.