• 303月

    オルトフォンのMC20Sが不調と分かり、代替の常用カートリッジを探していたところ、AccuphaseのMCカートリッジ「AC-2」の出物を見つけてゲットしてみました。

    以前からアキュフェーズのカートリッジは気になっていましたが、初代AC-1からAC-3まではもちろんのこと、わりと最近出たAC-5もすでに針交換できない状態ですので躊躇していました。
    ただ、AC-2のサファイアカンチレバーはどんな感じなのか、とても気になってしまい、手を出さずにはいられませんでした。

    入手したものはシリアルナンバーが00002という、アキュフェーズそのものか、評論家の先生の家にでも眠っていたようなもので、1980年11月の超初期のものだと思われます。
    ちなみにAC-1とAC-3はZYXの中塚氏の手によるものだという噂ですので、おそらくこれもそうではないかと予想されます。
    中塚氏といえば並木精密宝石でオルトフォンMC20の開発にも携わったとされている方です。

    ただ実際のサウンドを聴いてみると、やはりAccuphaseの意向もかなり入っているようで、1980年当時のAccuphaseサウンドを意識したものになってるように感じます。
    内部インピーダンスが4Ωと低い点はMC20に通じるところがありますが、サマリウムコバルトマグネットを使い、アルミダイキャストで自重も9.5gとガッチリしていて、SPU的な厚みも意識しつつ、透明感と芯のある音を両立しているように感じます。

    自重もそこそこあるので、とりあえず手持ちのヘッドシェルから軽いものをと、当初はPCL-3を使うつもりでしたが、これだと針カバーが付けられず、急きょ、AT-LT13aに変更しました。
    これが12.8gですので、一応この組み合わせのままでもSAEC WE-407/23のミドルマスウェイトで大丈夫だとは思います。
    負荷インピーダンスはヘッドアンプでは50Ω以上が推奨されていますが、C-280Lでは30Ωか100Ωから選ぶ形になりますので、とりあえず現状は30Ωで使っています。
    SAECを修理に出していますから、それが戻って来てから本格的にヘッドシェルやリード線の見直し、負荷インピーダンス選びなどをしていくつもりです。

    当初はかなり針先が汚れていて、スタイラスの残量も見えないほどでしたが、レコードクリーニングマシンでクリーニングにしたディスクを数枚再生してはスタイラスクリーナーで掃除していたら、問題ない程度にキレイになりました。
    針先も意外にまだまだ残っているようですし、ダンパーもどうやら大丈夫そうです。
    サファイアのカンチレバーもやや白みを帯びた半透明で、その見た目どおりの音色です。
    アルミはコストの中ではなかなか優秀な素材だと思っていましたが、サファイアと比べるとやはり材質の響きが出ているし、濁りも乗っていたのだなと感じてしまいます。

    ちなみに初代のAC-1はアルミ・マグネシウム合金とベリリウム材を使ったカンチレバーで、AC-3やAC-5はボロンです。
    サファイアを使ったものはあまり多くはなく、今だとオルトフォンのMC-Q30Sが有名どころでしょうか。
    JICOの交換針にもあるようで、最近は逆にボロンが調達困難になってるみたいなので、現行カートリッジでもサファイアカンチレバーのにしてみたいかな。
    ただしお値段もスゴイことになるわけで、そういう意味でもAC-2にはまだまだ頑張ってもらいつつ、大切に愛用していこうと思います。

    Filed under: Audio
    2017/03/30 12:00 pm | No Comments
  • 293月

    往年のオーディオ銘機などを取り扱うムック「ステレオ時代」の最新刊、VOL.9が明日発売です。

    前回はNECのA-10シリーズを復刻する「基板」が付録という、この雑誌らしい企画でしたが今回はオーソドックスな号です。
    特集は「FM黄金時代」ということで、L-02Tなどトリオの名機やPioneer F-120などの機材、そして懐かしのカセットレーベルも付いてるようです。
    私もご多分に漏れず、FMレコパルを愛読してエアチェックをしていました。
    オーディオを始めて最初に買った機材がONKYO T-410DGで、7素子のアンテナも自分たちで立て、TEAC C-4XやNakamichi 582Z、DRAGON、それにTEACのオープンデッキ、X-3R(だったかな?)などで録音しまくってました。
    その後、L-02Tもショップからお借りしてみたこともありましたが、低域の充実度に対して高域がやはりFMの限界を感じる部分があり、最終的にはAccuphase T-108を買ったのが最後でした。

    もう一つの特集は「4万5000円で揃える激安逸品コンポ」だそうで、創刊号の9万円からあえて大幅に下げての挑戦です。
    ここ最近はビンテージモデルも値上がり傾向ですが、そうした流れへのアンチテーゼでしょう。
    音源はレコード、CDなどがターゲットだそうで、CDはともかくレコードだとかなり大変そう…。
    レコードプレーヤーだとマイクロ精機でもMR-411、MR-611くらいの時代のものなら他社も含めてそこそこ安いかなぁ。
    カートリッジはもうM44G一択みたいな感じでしょうし、プリメインアンプも1970年代のを選ばないと厳しいかなぁ。
    この本ではそういう提案は難しいでしょうけど、音源はDAP、アンプは付録クラスのデジアンを使いつつ、スピーカーだけドーンと年代物の逸品を入れてみるのも面白いとは思います。

    他にもSONYのDUADなど、当時の人間でもあんまり使わなかったものを取り上げてあったり、DENON DCD-1650シリーズやレーザーディスク、そしてパイオニアのアンプなど、この本でないと扱ってないような内容が今回も満載のようです。
    Webやリサイクルショップなども大切な情報源ではありますが、こういう雑誌ならではの掘り下げ方というのも貴重な資料だと思いますし、頑張って続けてくれたら良いなと思います。

    Filed under: Audio
    2017/03/29 12:00 pm | No Comments
  • 273月

    Accuphaseからモノラルパワーアンプ「A-200」の後継モデル「A-250」が4月下旬に発売予定だそうで。

    A-200が2012年に出た時も100W/8Ωで型番の「200」との整合性がいまひとつだなぁと思いましたが、今回の250に至ってはもう出力とは関係ない、ただの型番と考えるしかなさそうです。
    ちなみにスペックとしては純A級で800W/1Ωまでのリニアパワーを謳っています。
    実際にはA-200のカタログ中のグラフからすると、181W/8Ωまでいけるようですが。

    お値段は1,350,000円据え置きですが、去年あたりだったと思いますが実売での値引き率が減ってしまったので、今さらA-200を買うよりは良いかな、という程度でしょうか。
    回路構成などはそう大きく変わっておらず、スペック上の違いはS/N比が127dB(A-200が126dB)と1dB向上した程度らしいです。
    私が使っているA-45は115dBですから、元々、素晴らしいS/Nではありますが、スピーカーコネクタの距離を狭めたりという涙ぐましい努力をするというのもどうなのかなという気もします。
    ここは推測ですけど、デジタルパワーメーターを使っているのもそうした特性向上を維持する目的という点もあるのかもしれないですね。

    なお、以前もチラッと触れましたがAccuphaseでは技術者の若返りを図っているようで、今回のA-250もその方向で進んでいるようです。
    わりと汎用の部品を使う傾向だったところも、特注のものを導入したりして、仕上がりの音傾向はだいぶ変わっているかもしれません。
    ただ、これだけの物量投入をしながら、この価格で出しているのは企業努力の賜物だと思いますし、サポート体制もまだまだ他社と比べても素晴らしいものがありますから、その点についてはさすがの貫禄だなと感じます。

    Filed under: Audio
    2017/03/27 12:00 pm | No Comments
  • 263月

    新日本無線のオーディオ用高級オペアンプ「MUSES 03」がリリースされるそうで。

    私もMUSES8820やMUSES8920は使っていますが、「MUSES 01&02」になるとかなり高価になるので使っていません。
    今回の03はそれまでの2回路ではなく、1回路ですからステレオで使うには少なくとも2つは必要になりますし、2回路用のソケットに差し替える場合は変換ソケットなりに2個装着する必要がある形です。

    気になるお値段は参考価格ながら1個4,500円だそうで、もう付録で遊んでみるようなお値段ではなさそうです。
    実際、用途としても高級オーディオ機器やプロオーディオ機器での採用のほうをメインに見込んでいるようですね。
    すでにESOTERICのGrandioso K1には採用されていますし。

    回路構成はMUSES 01に近いJ-FET入力ですが、回路全体が差動増幅回路になっていたり、入力段と出力段を別チップにしてオペアンプ内部でリード接続しているなど、オペアンプというよりもモジュールアンプといった感じです。
    特性もディスクリートでは実現できそうもないような数値になっていますが、最近の流れとしてはむしろディスクリートが見直されてきつつあるような気もして、それにどこまで対抗できるか、というのも気になります。
    オーディオ機器の場合、数値的なスペックだけでは語れない部分もありますし。

    ただオペアンプと言っても周辺回路でさらにその性能を活かすこともできるわけですし、動作電圧をどう設定するか、その電源の質など、拘れる部分はたくさんあるでしょう。
    価格的にMUSES 03採用だけを売りにしたようなものはあまり出てこないような気もします。
    あとは偽物が出回ったりしないと良いのですけどねぇ…。

    Filed under: Audio
    2017/03/26 12:00 pm | No Comments
  • 253月

    FOSTEXから廉価なデジタルアンプ「AP20d」が4月中旬に発売になるそうで。

    同時発表されたハイレゾ対応スピーカー「P804-S」がメインかと思いますが、今回はアンプのほうをご紹介することに。
    これまでもこんな感じのアンプを何世代か出してきていますが、今回はハイレゾ対応も考慮してあって出力も20W+20W(4Ω)となっています。
    AP15dはパワーICにTPA3116D2を使っているようですから、そのまま回路構成を見直したか、それともTPA3128D2辺りに変更してあるのでしょうか。

    お値段はちょっと上がって14,800円ですが、それでもかなり廉価なアンプであることに違いはないでしょう。
    デジタルアンプはコンパクトかつ省電力、そしてローコストなところに魅力が出やすいでしょうし、こういった製品群で活きてくるのかなと思う面もあります。
    ただ、電源はやはりACアダプタなので、場合によってはちょっと手を加えて強化するのも良いのかも。

    名称としてはパワーアンプという呼ばれ方をしてますが、なぜかプリアウトが用意されています。
    プリといっても入力はRCAとステレオミニの排他接続ですし、あとはボリュームくらいしかありません。
    ヘッドフォンアンプをつなぐならボリュームを通過する必要は基本的にないでしょうし、パワードスピーカー向けでしょうか。

    また、外観もちょっとずつ良くなってきていますけど、スピーカー端子はできればバナナプラグ対応、せめてYラグ対応にしてほしいかな。
    今までのものはとにかく廉価に…という感じでしたから妥協もできたでしょうけど、この価格帯になってくるとFOSTEXがスピーカーメーカーであることもありますし、スピーカーターミナルはやはり良いものを積んでほしいところです。

    なお、パワーが大きくなっただけに消費電力は60Wとデジタルアンプといえどそこそこ大きめになっていますが、オートスタンバイ搭載で待機時1W以下なので付けっぱなしの運用は大丈夫そうです。
    以前のように雑誌付録でアンプが付いてくるようなことはなかなか難しくなってきたと思われますし、これならケースにも入って各種ケーブルまで付属してきますし、そうしたお手軽アンプをお探しの方にはおススメできるかと思います。

    Filed under: Audio
    2017/03/25 12:00 pm | No Comments
  • 233月

    台湾のオーディオアクセサリーブランド「Telos Audio Design」の国内取り扱いが始まるそうで。
    何度か噂には聞いていたブランドで、その効果の高さや独創的な製品群には興味を持っていたところです。
    いろんな製品がすでに出ているのですが、最初に国内投入されるのは「Ground Noise Reducer」と「Quantum Acoustics Diffuser」とのこと。

    「Ground Noise Reducer」はCPUによる演算によるアクティブ処理で仮想アースを実現するもので、いわばアース側の「クリーン電源」のような働きをしてくれるものかと。
    先日出たラックスマンのクリーン電源はたしかアース側はあえて補正せず、ホット側だけで波形を整えていたと思いますが、それと相対する思想とも言えます。
    アース自体はオーディオ機器のアース端子や空いている入力端子とつなぐことで使う形です。
    5月発売予定で、お値段は税抜600,000円となかなかのお値段ですが、現実的にしっかりしたアースが取りづらい環境も多いはずで、ハイエンドの海外製品を使う場合などはかなり有用なのではないかと思います。

    「Quantum Acoustics Diffuser」もまたアクティブ回路を持ったディフューザーです。
    ディフューザーというとルームアコースティック改善目的に使われる吸音材というイメージですが、これは発想の原点が全く違う印象です。
    実際はもっと複雑だと思いますが、大雑把にはまずRR-777のようなシューマン共鳴波を発生させる機能を持っています。
    こちらも5月発売予定で、お値段は税抜120,000円の予定だそうです。

    今度も同社の製品を順次、国内投入する予定だそうで、賛否両論ありそうなものも多いですが、どれも手の込んだものが多いですし、面白い製品が入ってきたなと思います。

    Filed under: Audio
    2017/03/23 12:00 pm | No Comments
  • 223月

    9.7inchの新しいiPadが発表されました。

    サイズとしてはiPad Airシリーズの後継、言わばiPad Air3とでも呼ぶべきモデルだと思いますが、名前はまた呼びづらい、ただの無印「iPad」になってます。
    時期的にEarly 2017モデルとか呼ぶしかないんでしょうねぇ。
    Apple PencilやSmart Keyboardに対応していないので、iPad Proではないのは明確です。
    また、iPad mini 4も128GBモデルだけに絞り込まれたので、ラインナップを整理したいという思いから来たものでしょう。

    それだけにお値段はかなり安めに設定されていて、32GBのWi-Fiモデルが37,800円(税抜)となっています。
    イマイチiPad人気も下火なことを考えると、旧モデルや整備済製品などはだいぶ値下がりしそうです。
    ただこれを書いている時点ではiPad整備済製品は一つもない状態ですが…。

    性能面ではA9プロセッサとM9コプロセッサ搭載で、バッテリーも最大10時間と、成熟期にあるだけにコストと性能のバランスはなかなか良さそうです。
    重さは469gで、iPad Air2の437gよりはAirではなくなってますけどね。
    なお、Touch IDやSiriには当然ながら対応していますが、iPhone 7系のような光学手振れ補正などは搭載されていません。
    CPUも含め、iPhone 6sクラスの感じなのはお値段を考えれば仕方ないところでしょう。

    なんとなく感覚的には「でっかいiPod touch」みたいな感覚をおぼえますが、そもそもiPod touchはどうするつもりなんでしょうねぇ。
    Macデスクトップモデルもなかなか出てこないし、AirMacもやめる方向で、むやみにラインナップを増やしすぎるよりは良いと思いますが、ちょっぴり寂しい気もします。

    Filed under: Smartphone
    2017/03/22 1:00 pm | No Comments
  • 213月

    メインカートリッジとして活躍してくれているオルトフォンのMC20Sですが、どうも再生中のパチパチノイズが多すぎると感じていました。
    最初は針形状がDL-103の丸針とは違うので溝の違う部分に接してるから、とか、冬で静電気が多いから…と考えていたのですが、途中からそれにしても多すぎないか?と思うようになりました。

    ノイズは特に盤の後半部分で多くなる傾向で、あまり起こらないディスクもあります。
    またいちばんおかしい点は、再生後にカートリッジをアームレストに戻した状態でボリュームを上げると、再生中のようなパチパチノイズが微小に出ているというところです。
    このノイズ、プリアンプの電源を入れ直すか、ヘッドシェルを外すとほぼ消えるというのも不思議なところです。

    ただこれだけではカートリッジが原因とは特定できず、他にもリード線、トーンアーム、トーンアームケーブル、そしてプリアンプも疑いました。
    SAECのトーンアームは接触不良もあったのでいちばんに疑っていましたが、DENON DP-3700Fに替えても変化なしだったので、そこではありません。
    トーンアームケーブルもSAECのチェック時にオルトフォンと交換してみましたから、問題ありません。

    リード線も別途入手して、IKEDAのISL-1にしましたが音質の変化こそあれ、ノイズ問題は解決しません。
    そうなるとプリアンプ?と思い、C-280LからC-200Lに入れ替えてみましたが、やはり同じ症状で、もうこうなるとカートリッジの疑い濃厚です。
    実際、DL-103では出ないことは確認済みだったのですが、これだけだと針形状の問題かもしれず、同じオルトフォンのMC20でも試してみたところ、こちらもヘッドレストに戻した後のノイズはないようです。

    推測としては、カートリッジに静電気が残る?感じでしょうか。
    あるいはカートリッジのピンのマイナス側のどれかが断線してるのかもしれませんねぇ。
    一応、金属ケースからGNDに落としてみたところ、完全ではないですがだいぶ減少したような気がします。
    また、再生中の音も透明感が増して高域の純度が上がったような気もします。

    しかし完全に解消したとも言えず、再生中にも影響を及ぼすとなると、これまで同様、メインのカートリッジに据えるのはやや厳しいかなと。
    針先はまだまだ良い状態だけにもったいない気もしますが、いざとなればMC-Q20への「針交換」という手は残されています。
    ただコストのわりには好みの傾向とは異なってきますし、やや微妙な気分ですねぇ。
    MC-Q30Sなら…とは思いますが、そんなグレードアッププランはありませんし…。

    そんなわけで、別のカートリッジを物色することになった次第です。
    SNSなどではもう紹介済みですが、諸事情でちょっとオーディオを聴く余裕がなくなっていますので、もう少しじっくり聴いてからご紹介したいと思います。

    Filed under: Audio
    2017/03/21 12:00 pm | No Comments