• 035月

    あまり夜、自転車で出歩くことがないので気づかなかったんですが、紗羅の自転車のライトが点灯しなくなっていて、行き先の本屋さんでライトを見ていたら見事に断線してました。

    そこで翌日、配線をやり直してみたんですが、それで点灯せず。
    ダイナモが発電してるかをテスターで調べてみると、ちゃんと電圧は出ているようです。
    こうなるとあとは電球しかないなと、電球を外してみてみるとフィラメントがしっかり切れていました。
    まさか配線と電球が同時に切れてるとは思いもしなかったので、結構この結論に到達するまでに時間を要しました。

    分かってしまえば、あとは近所のホームセンターで電球を買ってきて交換したら完了です。
    ちなみに電球はちゃんと自転車コーナーに2球入りで売っていて、6V 2.4Wという表記のものでした。
    この際にダイナモをやめたり、LED式のに交換することも考えましたが、そもそも夜出歩くことがないですし、自動車がやって来るとさらに頻度は少なくなりそうですから、電球交換で十分かなと。
    電球自体をLEDに置き換えるものもあるようですが、ダイナモの漕ぐ重さが変わるわけでもないですし、明るさ以外のメリットがないからちょっと微妙かな。

    関連エントリー:

    Filed under: その他
    2015/05/03 12:00 pm | 自転車のライトを修理 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.