• 179月

    引っ越してきた時点(実際にはその前から)で壊れていたビルトインコンロですが、ようやく交換してもらいました。

    この地域はガス管は通ってるものの、都市ガスではなくLPGで、業者も固定になっています。
    そのせいもあってか、その業者の提示価格が高かったのもあって、躊躇していたんですよね。
    しばらくIHクッキングヒーターを使ってもらってましたが、やっぱり熱量が小さいのと、IH自体、鍋が振れないので紗羅の好みではないらしく、それならばとホームセンターのリフォームコーナーで注文してきました。

    th_dsc04610_lr6

    購入したのはNORITZのfamiシリーズ、ユーロケラのガラストップが付いた「NWN3BV」というモデルです。
    ガラストップは割れる(当たり前)というのを見かけて躊躇していましたが、今はほとんどガラストップなんですね。
    その中で、これは内側だけがガラスで目立ちにくく、黒基調というのも良いかなと。

    th_dsc04606_lr6

    後ろ側のバーナーは五徳がちょっと小さめになっていて、手持ちのモカエクスプレスが両方ともそのまま載せられるので、私も重宝してます。
    グリルは我が家ではほぼ使わない(デロンギのコンベクションオーブンを使う)ので気にしてませんが、バーナーのほうが高機能でタイマーや温度設定、炊飯モードなど、今のガスコンロは多彩ですね。

    あとは給湯器も壊れかけという感じなので、どうしようかなと思ってるところです。
    部品がもうないらしく、私が素人補修はしてありますけど、いつ壊れるか分かりませんからねぇ。
    ただ前述のようにガス会社が独占状態なのがちょっと癪に障るし、いろんなエネルギーに分散させておくほうが安心のような気もしますので、ここは灯油ボイラーにしようかと考えています。
    冬までに交換するか、それとも今年の冬は今ので乗り切るか、考えてみようと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: その他
    2016/09/17 12:00 pm | ビルトインコンロ、導入 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.