• 148月

    以前から副鼻腔炎の傾向があって薬も処方してもらっているのですが、最近どうも効きが悪くなってきたのか、左耳が詰まったような感じになることが増えました。
    #それにしても左の音絡みの問題が続くなぁ。

    最初は内耳炎とか耳そのものの症状を疑ったんですが、調べてみると副鼻腔炎でなるケースが結構あるようで、やっぱりコレかなと。
    もっとひどければ耳鼻科に行くべきですが、自分で対処する方法としては「鼻うがい」が効果があるらしい、というのが分かりました。
    といっても普通の水でやると、プールでなったことがある方も多いと思いますが、ツーンとなるんですよね。
    生理食塩水を作ればそれでもOKみたいですし、粉を溶かすタイプのも出てますが、温水を用意する必要があるようで、面倒くさいと結局やめてしまいそうかなぁと。

    th_DSC03866_LR6

    ってことで前置きが長くなりましたが、こういうのをしっかり製品化してくる小林製薬さんから「ハナノア」というのが出てるので、それをお試し導入してみました。
    器具(といってもただの容器ですが)が付いたパッケージ(専用洗浄液300ml付き)と、洗浄液のみ500mlのがあるので、最初は前者を購入しましょう。

    th_DSC03870_LR6

    見た感じ、マウスウォッシュ系の製品に似ていますが、間違ってもあれで鼻うがいはしないようにしてください。
    私はやってませんけど、めちゃめちゃツーンとなるはずです。
    なお、副鼻腔炎のケアも兼ねて、少し前からクリアクリーンデンタルリンスは常用してます。

    あとは洗浄器具のほうに洗浄液を入れ、頭はほんの少し上向きにする程度で器具の先を鼻に突っ込んで、器具を押さえて液体を鼻に入れます。
    反対側の鼻や口から液がボトボト落ちますから、ハンカチ等は必ず用意したほうが良いです。
    慣れないうちは口に入ったのを吐き出せなかったりしましたが、慣れたらわりと簡単です。
    またツーンとすることも全くと言ってよいほどありません。

    洗浄器具には50ml入りますが、片鼻で25ml使うようになっていて両鼻をやると空になる計算です。
    ただ、前半の25mlはやりやすいものの、後半のほうは空気もボコボコと入ってきたりしてちょっとやりづらいですね。
    ですので私は25ml使ったらすぐに補充するようにして使っています。
    最初のパッケージは300mlですから、両鼻だとたった6回しかできませんが、私の場合は左のみが不調なので、片方で12回使える計算になります。

    そして肝心の効果ですが、これで完治するというほどではないかもしれませんけど、1日2回を数日の使用で耳の詰まり感はかなり減ったような気がします。
    また詰まりの影響からくる音定位の不安定感も減りましたし、気のせいかもしれませんが、イヤフォンで聴いた時に細かい音まで聴こえるようになったような気も…。
    まだ初回のパッケージすら使いきってないし、ずぼらな私はこれでも忘れてしまったりしていますけど、それでも多少効いたように感じられますし、耳鼻科に通うのはちょっと面倒…という方はまずは試してみる価値はあるかと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: その他
    2016/08/14 12:00 pm | ハナノア はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.