• 3012月

    久々に「幸せのカクテル占い」というのをやってみました。
    http://allabout.co.jp/L/s/041222/

    年末ということで、来年の恋愛運、仕事運などが占えるみたいですので、おひとつ
    試してみられてはいかがでしょう?

    ちなみに、私の結果は、続きをどうぞ。

    あなたはズバリ!
    グロッグ タイプ

    人間関係を大切にする清純派

    心温まる真面目なふれあいを大切に維持する柔らかな人間性は、
    寒い冬に身も心も温めてくれるホットドリンクそのもの。
    その素朴な気持ちのあり方は、いくら世間の風にさらされても
    純粋さを失わないのです。
    どんなときも傍にいるだけで、本当の清らかさとはなにかを
    教えてくれる人といえるでしょう。

    2005年の全体運:テーマは「心の志向性」

    精神的なストレスがたまりやすかった時期が去っていく2005年。
    あまり人に内面の葛藤を見せないあなただけに、
    これまでは人一倍つらかったかもしれません。

    でも、その重い運気もようやく終息へ向けてカウントダウン状態になります。
    葛藤の時期も春先を最後のヤマ場にどんどん終わりに近づき、
    残暑を迎えるころにはすっかり気持ちが軽くなっていることでしょう。

    周囲の人からは笑顔が軽く自然になったと言われるかもしれません。
    気遣いからの作り笑顔と精神的に吹っ切れた後の笑顔の違いは、
    見る人が見ればわかるものです。

    「心の志向性」とはこのように、ひとつの人生の区切りを経験することによって
    得た内面のバリエーションを、単に「つらかった」と言う苦い思い出で
    終わらせるのではなく、今後の人生を乗り越えていくための糧にするように
    心の器を広げておくということです。

    あのときあんなことを乗り越えられたのだからこのくらいのことはへっちゃら、と
    これまでにない逞しい内面を手に入れたことに今後気付かされることが
    多くなるはずです。

    2005年の仕事運:前半は新しい動きに対して備える時期

    大急ぎで仕事を変える必要はないけど、今の仕事を顧みて
    「う~ん……」と言う感じなら、ゆくゆくは転職を考えてもOKです。
    ただし、前半は新しい仕事の模索といったところで留めましょう。

    興味ある仕事に必要な勉強を始めるのは4月頃が最適。
    このように今年前半はいきなり大きな動きをするのではなく、
    その準備に当ててください。

    現状の仕事に不満のない人も、なにか仕事に関する新しい勉強を始めると、
    2005年後半から大いに役立つことになります。

    2005年の華やぎ運:軽い気持ちでそこそこに楽しもう

    出会いにこだわらず、軽い気持ちで臨めばそこそこ楽しむことができます。
    近寄ってくる異性はいまいち好みのタイプではないかもしれませんが、
    まあ、疲れない程度にお相手するのも悪いことではありません。

    できれば、同性の友達何人かと連れだってお出かけしてみましょう。
    グループの中に「ピンク・レディ」か「アレキサンダー」がいれば安心です。

    確かに今年は色々ありましたからねぇ。来年は良い年になるようにしなっくっちゃ!!
    新しい勉強も、ぼちぼちとやっていかねばいけませんね。

    来年は、「笑顔と努力の年」。
    これですね!テーマ、決まり!!(笑)

    関連エントリー:

    Filed under: 占い
    2004/12/30 9:34 pm | 幸せのカクテル占い はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.