• 1010月

    コニカミノルタの伊丹事業所の土壌から、国の環境基準の280倍に
    相当するヒ素が検出されたそうで。
    http://www.asahi.com/national/update/1010/OSK200610100084.html

    ほかにも、基準の160倍の鉛、19倍のホウ素、36倍のカドミウム、
    そして6.5倍のフッ素も検出されたんだとか。

    いずれもレンズの製造過程で出たようですね。
    ヒ素、鉛、フッ素、カドミウムはすでに別の原料に切り替えてるとのこと。
    Canonもレンズがらみで、テトラクロロエチレンが検出されたようですし、
    各メーカー、色々あるようですねぇ。

    昔のレンズは結構危ない材料を使ってたとは聞いてましたが、噂は本当
    だったんですね。

    まぁ、鉛なんかはつい最近まで使われていて、これが使えないせいで、
    COSINAなどはCarl Zeissの性能を出すのに苦労した、なんていう噂も
    聞いたことがあります。
    PENTAXは無鉛化が遅れて、レンズラインアップが順調に揃えきれなかった
    という話もありましたし。

    あと、もう少し古いレンズだと、ガイガーカウンターが反応する、なんていう
    ちょっと恐い話もあるようですね。
    性能のために、トリウムという元素を含有させているのが原因らしいです。

    PENTAXのTakumar 50mm F1.4がとりわけスゴイみたいです。
    うちにあるTakumar 55mm F1.8も結構なものかも。
    レンズが黄色く変色することが多いらしいので、そういうレンズは要注意かな。

    (10/10 22:38追記)
    ---
    今、見てみたら、うちのTakumarはしっかり黄色いし、シリアルナンバーも
    放射能レンズに該当してそうです。(爆)
    ---

    とはいえ、放射線レンズは写りは良いそうで、実際、Takumarは私の
    所有レンズでもBest3に入るレンズですから、どっちを取るか、ですよねぇ。

    まぁ、うちの会社(の関連会社)あたりも同様なトラブルを起こさないでほしい
    ものであります、はい。(^^;

    関連エントリー:

    Filed under: ニュース
    2006/10/10 10:25 pm | コニカミノルタ、土壌からヒ素検出 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.