• 107月

    黒井健絵本ハウス清里にある「黒井健絵本ハウス」に
    やっと念願叶って行ってきました。

    かなりの寄り道をして、わざわざ清里を
    目指したのは、ここを訪れるため、
    といっても過言ではなかったり。

    6,7月は「童話の季」ということで、児童文学や童話などの原画が中心の
    展示でした。
    朝の開館とほぼ同時に行ったせいもあって、ゆったりした気分で見ることが
    できて、幸せ満喫。

    「雲へ」の原画が多かったのですが、紗羅と二人で気に入って、絵本も
    購入してきました。
    小さい頃は良く空を飛ぶ夢を見たものですが、そんな少年・少女自体の
    記憶が蘇ってくるような、素敵な本です。

    4030163408 雲へ
    黒井 健
    偕成社 2002-03-07

    by G-Tools

    お土産の数々そのほかにも絵はがきなど
    色々とお土産も購入。

    そういえば、うちに飾ってある「レキシントン」も
    展示販売されてましたが、もうあと2枚しかないと、
    絵本ハウスの方がお話しされてました。

    新作で、とってもかわいい猫の絵も展示販売されてて、かなり惹かれたんですが、
    できれば、いつもお世話になってるお店で購入したいなぁと思うので、
    今度、店員さんに相談してみようっと。

    関連エントリー:

    Filed under: その他
    2005/07/10 10:16 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • kenken Says:

    こんにちは。
    絵本ハウス、行かれたんですね。
    私も行くとムスコとのんびりしてきます。
    絵本が読める場所で、買う絵本をどれにするか決めたり。
    私も「雲へ」はいづれ購入しようと思っています。
    原画、素敵だったでしょうね。
    ついサイン入りの絵本を買いたくて、その時展示している絵本を買うことが多いです(笑)
    健さんがいらっしゃっているラッキーな時だったら、その場でサインをいただけるのですが。

    ↓の靄の中のペンションの写真、まるで健さんの絵みたいですね。
    絵本ミュージアムで私もりんごジュースを頂きました。

    秋頃行けるといいなぁと思っています。

  • MacBS Says:

    kenkenさん、コメントありがとうございます。

    行きたいと思っていたところ、ちょっと寄り道すれば行けそうだと
    わかったので、急きょ予定を変更して、行ってきました。

    原画は、やっぱり何度見ても素敵です。
    あの雰囲気と合わせて、さらに良い気分で楽しめますよね。

    絵本、サイン入りのもあるんですね。
    私が購入したものはサインはないようです。
    いらっしゃる時に行ってみたいと思いますが、次回は秋の展示が
    見てみたいなぁと思ってます。
    展示も風景画のようですし、清里の景色もまた違うでしょうし。

    ペンションの朝は、黒井さんの絵の世界そのままという雰囲気でしたよ。
    下に載せたのは携帯の画像ですが、デジカメで撮ったものもあるので、
    ぼちぼちと載せていきたいと思います。

    お値段もオフシーズンならリーズナブルなペンションも多くて、
    またお泊まりで行きたいと思ってます。