• 187月

    錯視しちゃう画像をたくさん紹介しているサイトを発見。
    http://www.ritsumei.ac.jp/~akitaoka/index-j.html

    静止画なのに動いてみえるものが中心ですけど、すごいですね。
    人間の色認識の特殊性を利用したりもしてるんでしょうね、きっと。

    ちなみに、人間の眼には光のRGBを感知する「錐体細胞」というのがあって、
    片目で約650万個あるんだとか。
    言い換えれば、人間の眼は650万画素の2CCD搭載ってわけですね。(笑)
    人間の眼もRGBで色を感じてるというのは、「へぇー」という感じでしょ?

    実際には、そう単純ではなく、それぞれの細胞で感じる周波数(分光感度)が
    ずいぶん重なっていて、そのあたりは脳で「補正」されてるんじゃないか、
    と言われてます。

    それがSONYのエメラルドフィルタやリアラの「第4の感色層」などが生まれた
    理由になっています。
    詳しいことは、下のページが参考になるかと。
    http://konicaminolta.jp/entertainment/colorknowledge/part2/06.html

    錯視からどんどん話が逸れていきますけど、明暗を関知する「桿体細胞」
    のほうは、1億2000万個もあって、そのおかげでかなりハイコントラストなものを
    見分けられるんです。

    ただ、脳に画像を伝達する神経は、たった120万本程度なんだとか。
    注目点に絞って、伝達してるから、これくらいで足りるんでしょうね。
    いやぁ、ほんとに良く出来てるものです。

    関連エントリー:

    Filed under: その他
    2005/07/18 10:39 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • rUi Says:

    め、目が回るぅ~。
    失礼しました。
    こんばんは、Macbsさん。
    静止画なのに、動いて見える。
    ふしぎー(゜▽゜;) ですね。
    650万画素なんですかー。
    人間の目って。
    RGBで色を感じているなんて、
    知りませんでしたー。
    (._.)φめもめもっ。

  • MacBS Says:

    rUiさん、コメントありがとうございます。

    錯視、強く起きる人と、そうでもない人がいるみたいです。
    私も最初は「ん?」という感じだったんですが、絵によっては「おーー」というくらい、すごく動いて見えるのもあって、不思議なものです。

    人間の目の仕組みってのは、なかなか面白いですよ。
    記憶色なんていうのも目と脳の仕組みによるものですしね。